2015.09.03

【木村和久連載】新品か中古か。近年のゴルフ用品買い替え事情

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第19回

 その昔、ゴルフ雑誌全盛の頃、新人編集者が「雑誌をカラー化し、豪華にしても売れるんですか?」と、ベテラン編集者に聞きました。すると、ベテラン編集者は、「お前な、ゴルフっていうのは、1個700円のニューボールを谷越えで打って、平気でなくすんだぞ。そういう人がお客さんなんだ。雑誌代なんて、屁みたいなもんよ」と、高笑いしていたものでした。

 あれから20年、時代は変わりました。今や、谷越えでニューボールを使う人は少なくなりましたね。ゴルフ雑誌は、売れないがゆえに、価格を高く設定し、ますます売れなくなっているのが現状です。

 ただ、スキーやテニスなどのスポーツに比べて、ゴルフ雑誌の数は今でも多いです。それは、ゴルファーがなんだかんだ言っても、モノを買ってくれるからです。

 そこで今回は、現在のアマチュアゴルファーの購買意欲を、そこはかとなく探ってみたいと思います。

 まず、単純な疑問ですが、ドライバーはどれぐらいの頻度で買い換えるか、ってことです。

 個人的には、5年くらい前のドライバーをまだ使っています。だって、「飛ばなくていい」という考えですから、それでいいんです。ときどき、新しいドライバーを試すことはありますけど、自分のスイングにフィットさせるには、やはりシャフトをいじらないとね。それをやるのが面倒くさいので、昔のものを使っているんです。