2015.08.27

【木村和久連載】まだ生き残っていた「ゴルコン」の実態を探る

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第18回

 日頃、ゴルフとうら若き女性との素敵な関係を妄想することはありますが、日本で若くて綺麗な女性がゴルフをするのは、サマンサタバサレディース(例年7月、茨城県のイーグルポイントGCで行なわれる女子プロツアーのひとつ。プロアマにモデルの女性が多数参加し、当日にはファッションショーもある、派手なトーナメント)くらいですか。

 通常、ゴルフ場に若い女性が少ないのは、周知の事実。だいたい、ミニスカート着用禁止のコースがいまだ存在していますからね。爺さんがミニスカ見て、鼻血を出すんですか?って話ですよ。私が支配人なら、「ミニスカートでプレイの方、プレイ代3000円割引」とかにしますけど。

 冗談はさておき、数少ない女性ゴルファーと、やたら多い野郎ゴルファーを、どうやってマッチングさせるべきか――昔からいろいろなテがありました。

 バブル全盛の頃は、「ゴルコン」というイベントが花盛りで、男女が数十人集まって、ゴルフ場でコンパをしたもんです。その昔、『ねるとん紅鯨団』という合コン&告白番組があって、そこら辺から「ゴルフ場で"ねるとん"をやれば、楽しいんじゃないか」なんて、発想で始まったんでしょう。

 私も何度か「ゴルコン」の取材に行きました。確かに楽しいのですが、案外面倒臭いんですよ。早起きして、遠方のゴルフ場に行くわけですが、誰もゴルフに夢中じゃないし......って、当たり前ですがね。だったら、ゴルフ場でやらなくてもいいじゃんと、思ったものです。