2015.09.17

【木村和久連載】東京五輪のゴルフ会場、本当に埼玉でいいの?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第21回

 ようやく涼しくなった8月の終わり、待望のラウンドをしてきました。スコアはともかく、涼しいので気持ちよくプレーができて何よりでした。

 さて、今から5年後の夏、東京五輪が開催されます。ゴルフは、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部が会場となる予定です。

 そのことについて、これから綴っていきたいと思いますが、さまざまな疑問点が浮き上がってきます。そこで、「会場は、本当に埼玉でいいの?」という点を含め、東京五輪におけるゴルフ競技の問題点について、みなさんも一緒に考えてみませんか。

砂漠化まではしないでしょうが、猛暑の中でのゴルフは考えものですよね......。 まず、日程です。真夏に埼玉でゴルフなんて、とても過酷ですが、五輪の開催はIOC(国際オリンピック委員会)の勝手な(?)リクエストで、7月中旬から8月中と決まっています。メジャースポーツがシーズンオフで、高額な放映権料を支払っているアメリカのテレビ局の事情、というのがもっともな説なのでしょう。まあ、この日程を受け入れないと、日本開催は認められないようだったので、仕方がなく、猛暑の中でやるんでしょうね。

 もちろん、他の多くの競技は、時間をずらしてナイターで開催したり、室内開催にしたりと、暑さ対策をとっていますが、ゴルフはそういうわけにはいきません。丸一日、炎天下で行なうことになるわけです。