2015.08.18

メジャーの壁にぶつかっている松山英樹に必要な「フローゴルフ」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 今季最後のメジャー大会、全米プロ選手権(8月13日~16日)がウィスコンシン州のウィスリングストレーツ(パー72)で開催された。

 頂点に立ったのは、悲願のメジャー制覇を遂げたジェイソン・デイ(27歳/オーストラリア)。マスターズと全米オープンを制し、全英オープンでもトップと1打差の4位タイと、今季のメジャー大会で圧倒的な強さを見せてきたジョーダン・スピース(22歳/アメリカ)を抑えての見事な勝利だった。

 3日目に通算15アンダーとして首位に立ったJ・デイは、最終日も「67」と5つスコアを伸ばして、メジャー史上最多アンダーとなる通算20アンダーでフィニッシュ。2打差でスタートし、懸命に追いすがるJ・スピースにも、最後は3打差をつけて快勝した。

「本当に長い道のりだった。これまで何度も勝てそうで勝てなかった。勝利を確信したとき、いろいろな思いがあふれてきた。まさか、こんなに涙が出るなんて、想像もしていなかった。ようやくメジャーに勝てた。本当にタフな戦いだった」(J・デイ)

全米プロ選手権では37位タイに終わった松山英樹。 翻(ひるがえ)って、日本人初のメジャー制覇が期待された松山英樹(23歳)は、通算3アンダー、37位タイに終わった。