2015.08.20

【木村和久連載】ゴルフ場の「ジャケット着用」ってどうなの?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第17回

 日本アマチュアゴルフ界の、変わった”風習”とでも言うのでしょうか、クラブハウス入場時のジャケット着用のルール、なんとかならないですかね。さすがに夏の酷暑時は、ジャケットを着なくてもいい、となっていますがね。暑くて着なくていいなら、年中着なくていいと思いますが、どうでしょうか。

 そもそもジャケット着用のマナーは、英国からの伝来です。あちらの国では、ネクタイをしめて、ジャケットを着用してプレイしていたのですから、そりゃ筋金入りです。

 でも、アメリカにゴルフが伝来し、すぐにやめたのが、ジャケット着用でした。カウボーイの国の人は、実用的な服装を好みますから、プレイ中にジャケットは着たがりませんね。だいたい暑くて、満足にプレイすることなんてできないし……。

 ジャケット着用を簡素化して編み出されたのが、襟付きのポロシャツです。その襟が、ジャケットの名残。せめて襟を正して、ジェントルマンのスポーツをしよう、となったんですね。

 日本は、英国コンプレックスな方が多いので、ジャケットが好きな方が多いです。というか、一部の中途半端な名門コースが、ジャケット着用を義務づけて格式を上げたい、そういう目論見が、そこはかとなく見え隠れしています。