2015.05.29

【ゴルフ】美人すぎるキャディ・藤田美里が語る「姉・藤田光里」

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  是枝右恭●撮影 photo by Koreeda Ukyo

5月特集 いま見るなら、女子ゴルフ(8)

 今年4月、フジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝を遂げた藤田光里。昨年度の日本女子ツアー開幕戦で、彼女のキャディを務めた1歳年下の妹・美里は、「美人すぎるキャディ」として話題となった。現在モデルとして活動の場を広げる藤田美里は、以前は姉・光里とともにプロを目指し、ベストスコア71の腕前を持つ。そんな彼女が語る、妹だから分かる姉の性格、ゴルファーとしての長所や成長、そして姉妹の絆(きずな)とは――。

妹・藤田美里のフォトギャラリーはこちら>>>(1) (2) (3) (4)
姉の藤田光里が語る優勝秘話「私を変えた83の大たたき」はこちら>>>

姉・藤田光里について語ってくれた妹・藤田美里――姉妹がゴルフを始めたキッカケはなんですか?

藤田美里(以下、藤田) 私たちもふたつ年下の弟も、父の勧めでゴルフを始め、父が指導してくれました。私は3歳から始めたので、気づいたらお姉ちゃんとゴルフをしていた、という感じです(笑)。最初はオモチャのクラブを使って、毎日練習をするようになってからは、大人用のクラブを70~80センチほどにカットして使っていました。

――お父さんの練習は厳しかったですか?

藤田 厳しかったですね。ホント、ゴルフ漬けの毎日で……。学校から帰ったらすぐ練習。練習から帰ってきたら22時半とか23時で、晩ご飯を食べてすぐ寝る、という生活でした。

――ゴルフを辞めたくはなりませんでしたか?

藤田 姉はなかったんですが、私は「もうやめる!」って父とケンカになったことが何度かありました。でも、次の日になったら、練習に行っていたんですけどね(笑)。

――辞めなかったのはなぜですか?

藤田 3人だったからってことが大きいです。練習の最後にドライバーショットを1本決めるのが恒例だったんですが、3人のうち誰かがミスショットしたら、追加で2時間、練習だったんです。だから、3人でよく励まし合って……。ひとりでやっていたら、辞めていたかもしれないです。3人だったから頑張れたんだと思います。