2014.07.02

【ゴルフ】比嘉真美子「2年目のジンクスって本当にあるのかな」

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 宮里藍、横峯さくらをはじめ、有村智恵、森田理香子など、女子ゴルフのトッププレイヤーは皆、デビューしてから、2年目、3年目とコンスタントに結果を残すようになって、賞金女王を争うまでの存在になっていった。

 はたして、そんなゴルフ界に”2年目のジンクス”というのは、存在するのだろうか――。

昨季はルーキーイヤーで2勝を飾った比嘉真美子だが......。 2010年日本ジュニアゴルフ選手権で優勝し、2011、2012年には日本女子アマチュア選手権で連覇を達成。ナショナルチームのエースとしても活躍してきた比嘉真美子は、アマチュア時代から抜きん出た存在だった。そして昨年、プロツアーデビューを果たすと、いきなり2勝。賞金ランキング8位で、ゴルフ界の各種新人賞を総なめにした。

 その比嘉が、今季は思うような成績を残せていない。

 開幕戦のダイキンオーキッドレディス(3月7日~9日/沖縄県)では2位タイでフィニッシュし、2年目のさらなる飛躍が見込まれたが、続く第2戦、第3戦と立て続けに予選落ち。ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ5戦目のヤマハレディース(4月3日~6日/静岡県)でも予選落ちを喫した。その後、フジサンケイレディス(4月25日~27日/静岡県)では2位タイと一度は復調の兆しを見せたものの、以降はベスト10フィニッシュがなく、予選落ちを繰り返すなど、厳しいシーズンを送っている。

 比嘉自身、「2年目のジンクスって、本当にあるのかな……」と、ふと思うことがあると漏らして、こう言った。

「私に対して、周りの人たちは『1年目は勢いで2勝できたけれど、2年目の今年は勝てるのか』っていう目で見ていると思うんです。今年は、本当の意味での実力が試されているんだなと思います」