大黒将志が選ぶJリーグ歴代すごかったFWトップ10「サッカーセンスが抜群」「誰にも止められなかった」ストライカーとは

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • photo by AFLO

【誰も止められなった】

1位 エメルソン(元コンサドーレ札幌、川崎フロンターレ、浦和レッズほか)

 もう絶好調の時は誰も止められなくて、とんでもなかったです。コンサドーレ札幌や川崎フロンターレでもプレーしていましたが、やっぱり浦和レッズでの印象が強いですよね。

 彼は爆発的なスピードが武器でしたが、スピードだけの選手は大したことないんですよ。彼はスピードに加えて、テクニックもものすごく高かった。とくにボールタッチが抜群で、あれだけのトップスピードのなかで思ったところにしっかりとボールをコントロールできるから、DFは止められないんですよ。ガンバ時代は対峙するツネさん(宮本恒靖)とかは、いつも可哀想だなと思っていましたね。

 あれだけの能力があったので、セレソンにも選ばれていてもおかしくなかったと思います。僕はブラジル代表のロビーニョとかロナウジーニョとも対戦したことがあるんですけど、エメルソンもかなりすごいと思いました。

 そんな選手がJリーグでプレーしたわけなので、それは飛び抜けた存在でしたよね。

大黒将志 
おおぐろ・まさし/1980年5月4日生まれ。大阪府豊中市出身。ジュニア時代からガンバ大阪の育成組織でプレーし、1999年にトップチームに昇格。ストライカーとして頭角を現し、2004年は得点ランク2位の20ゴール(日本人最高)、2005年はJ1初優勝に貢献。同年は日本代表のW杯予選でも活躍し、翌年のドイツW杯に出場した。2006年からフランスのグルノーブル、イタリアのトリノでプレーした後、2008年にJリーグに復帰。東京ヴェルディ、横浜FC、FC東京、横浜F・マリノス、杭州緑城(中国)、京都サンガF.C.モンテディオ山形、栃木SCに所属しゴールを取り続け、2021年に引退。現在はガンバ大阪のアカデミーコーチを務めている。

プロフィール

  • 篠 幸彦

    篠 幸彦 (しの・ゆきひこ)

    1984年、東京都生まれ。編集プロダクションを経て、実用系出版社に勤務。技術論や対談集、サッカービジネスといった多彩なスポーツ系の書籍編集を担当。2011年よりフリーランスとなり、サッカー専門誌、WEB媒体への寄稿や多数の単行本の構成を担当。著書には『長友佑都の折れないこころ』(ぱる出版)、『100問の"実戦ドリル"でサッカーiQが高まる』『高校サッカーは頭脳が9割』『弱小校のチカラを引き出す』(東邦出版)がある。

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る