コンサドーレ札幌のJ2首位は「まさか」じゃない。実を結んだ育成主義

  • 栗田シメイ●文text by Kurita Shimei
  • photo by AFLO

 特に深井は、世代別代表に選出されるなど若くしてその素質に注目が集まっていたが、ケガの影響もあり思うような結果を残せていなかった。だが、今季はボランチとして好守に出色の出来を見せており、首位を走るチームの原動力となっている。

 深井は「今のチームには選手全員の一体感と、一人ひとりが『自分がやらないと』という責任感の両方がある。僕のようなユース出身の選手たちが活躍することで、子どもたちにも札幌でプレーしたいと思ってもらいたいです。。今のチームなら、もっともっと上のレベルを目指せると思います」と、さらなる躍進を誓った。

 はるばる大阪まで応援に訪れたコンサドーレのサポーターたちは、現在のチームの魅力について、「今のチームは北海道出身選手にこだわり、アカデミーから育ってきた選手が多いので、"自前のチーム"という想いがサポーターにも浸透している。だから、アウェーでも応援に来たくなるんです」と語る。

 もういちどJ1の舞台へ。サポーターの期待を背負うコンサドーレは、次節からファジアーノ岡山、松本山雅FCという上位陣との連戦になる。この2連戦を乗り切れば、いよいよ5シーズンぶりのJ1復帰が現実味を帯びてくる。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る