2012.04.01

【Jリーグ】深刻!強豪・鹿島を悩ますゴール欠乏症の負の連鎖

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by GettyImages

開幕してからいまだ勝利なし。ゴールもゼロと、苦しい戦いが続く鹿島のジョルジーニョ監督 3月10日に新シーズンが開幕して以来、J1のリーグ戦は、こと東京近郊に限れば、週末ごとに降る雨にたたられっぱなし。そんな悪天候に影響されたわけでもないのだろうが、今年のJ1はかなりの荒れ模様となっている。

 開幕前には優勝候補に挙げられていた鹿島、G大阪が、先週末(3月24、25日)に行なわれた第3節終了時点で3戦全敗。また、横浜F・マリノスも、1分け2敗と勝利がないまま。過去、J1で優勝経験を持つ強豪クラブが、大苦戦を強いられているのだ。

 3月31日、激しい風雨に見舞われるなか、日産スタジアムで行なわれたのは、低迷続く横浜FMと鹿島との直接対決。互いに初勝利を目指しての一戦は、しかし、天候以上にお寒い内容でスコアレスドローに終わった。試合後の両指揮官が図らずも口にした同じ主旨の言葉が、それぞれの現状を物語っている。

「何も改善していないわけではない。目指しているところに、たどり着き始めているのではないだろうか」(ジョルジーニョ・鹿島監督)

「まだまだの部分が多いが、少し改善の兆しはある。少しシステムを変えて、いい方向への変化が見えた」(樋口靖洋・横浜FM監督)

 ジョルジーニョ、樋口両監督は、揃って改善の方向に向かっていることを強調した。だが、それを素直に受け止められるほど、充実した試合内容だったとは思えない。

 とりわけ気になるのは、鹿島の不振だ。

 失礼ながら、開幕前の段階から決して前評判が高いわけではなかった横浜FMとは、同じ苦戦でもその意味合いはまったく異なる。シーズン序盤とはいえ、鹿島はここまで勝ち星がないばかりか、4試合で無得点。「優勝候補のちょっとしたつまずき」で片付けるには、あまりにも症状が重篤だ。そこに、3年ぶりの覇権奪回を目指す元王者の風格は感じられない。