部内不祥事で出場辞退、150キロ到達、甲子園不出場...オリックス2位指名・河内康介が語った波乱の高校時代

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

 ドラフト候補の取材をライフワークにしていると、毎年「この選手は是が非でも推したい」という存在が現れるものだ。私にとって2023年の"推し"は常廣羽也斗(青山学院大→広島1位)と河内康介(聖カタリナ学園高→オリックス2位)だった。

 河内のストレートは衝撃的だった。身長180センチ、体重72キロの細身な河内が、バランスのとれたしなやかフォームからボールを爪弾く。美しいバックスピンがかかったストレートは、漫画のようにホップして捕手のミットを押し上げる。ドラフト会議まで1カ月に迫った9月下旬の取材で、私はしびれっぱなしだった。

今秋のドラフトでオリックスから2位で指名された河内康介 photo by Sankei Visual今秋のドラフトでオリックスから2位で指名された河内康介 photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る その後、ほかのドラフト候補の剛速球を見ても普通に見えてしまう。脳裏に河内のストレートが蘇って離れない。そんな「河内ショック」がしばらく続いたほどだった。

 なぜ、これほどの投手が騒がれていないのか、不思議で仕方がなかった。私は取材時に「ドラフト上位、2位あたりでの指名もあるのでは?」と本人に伝えている。だが、河内は「あっても下位指名だと思います」というクールな反応だった。

 9月末時点で全12球団が河内の調査書を求めていたが、球団によって評価は分かれていた。なかには「育成選手級」という評価をした球団もあったようだ。

 しかし、1カ月後の10月26日。フタを開けてみればオリックスが河内を2位で指名。近年、投手の好素材を次々に開花させてきた育成力のある球団が、最初にドラフト指名した投手が河内だった。

 ドラフト指名を受けて、河内はどのような感想を抱いたのか。そして、オリックスが評価したポイントはどこにあるのか。あらためて河内を直撃し、今の心境とこれまでの進化の過程を聞いてみた。

【うれしさよりも驚き】

── あらためて、ドラフト指名おめでとうございます。

河内 ありがとうございます!

── オリックスのドラフト2位指名。この順位はいかがでしたか?

河内 ビックリしました。「2位はないな」と思って素通りというか、集中して見ていなくて。知っている選手の名前が呼ばれるのを「あ、あの人が選ばれた」という感じで見ていたくらいで。うれしさより、驚きのほうが強かったです。周りの学校関係者や家族、チームメートも「(指名が)早かったな」という反応でした。

1 / 5

プロフィール

  • 菊地高弘

    菊地高弘 (きくち・たかひろ)

    1982年生まれ。野球専門誌『野球小僧』『野球太郎』の編集者を経て、2015年に独立。プレーヤーの目線に立った切り口に定評があり、「菊地選手」名義で上梓した『野球部あるある』(集英社/全3巻)はシリーズ累計13万部のヒット作になった。その他の著書に『オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない! 野球留学生ものがたり』(インプレス)『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(イースト・プレス)『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』(カンゼン)など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る