西武「山賊打線」のニューフェイス。
川越誠司の異色の球歴

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by Koike Yoshihiro

 これから実戦経験を積んでいけば、一体どんな選手になるだろうか。森のような長打も打率も残せる最強打者か、柳田悠岐(ソフトバンク)のように規格外のプレーで魅了するのか、山田哲人(ヤクルト)のようにトリプルスリーを狙える万能型か。

 川越自身、理想のバッター像はないという。

「考えたことがないですね。自分がやっていくなかで、どういう形になるのかを考えていきたいというか。あまり想像できないですね、そういうの」

 レギュラーを固定して戦う方針のチームで、ここまで出番はなかなか回ってきていない。しかし、いつか巡ってくるはずのチャンスで結果を残し、より多くの打席に立って確実性を高めていければ、レギュラーへの道は見えてくるだろう。

"山賊打線"の多士済々に勝るとも劣らない、底知れぬポテンシャルを秘めた男の成長ストーリーはまだ始まったばかりだ。

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る