「とにかく焦るな」。リハビリに苦闘した斉藤和巳が松坂大輔に贈る言葉

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • 時事通信フォト●写真 photo by Jiji Press Photo

 当然、ストレスも溜まるけど、野球で受けたストレスは野球でしか発散できない。飲みやメシやゴルフとか行っても、そのときは発散できるけど、家に帰ったら現実に戻るからね。結局何も変わっていない。それならば怪我のために節制している方が賢いんですよ。

 厳しい声と向き合うのは難しい。だけど、そうやって言ってくれるのも、まだ自分に興味を持ってくれているから。それはありがたいこと。良くも悪くも、自分を話題にしてくれる。「選手としてまだ存在意義があるんかな」と、ボクは思っていた。

だから、悪い言葉でもありがたいと思っていました。それがいいんですよ。そういう人たちがおるからプロ野球は面白いし、盛り上がる。応援ばっかりしてくれる人がいても面白くない。
 
 大輔に声をかけるとしたら、「とにかく焦るな」と。「外野の声に耳を傾けすぎて、ペースを乱されるな」と言いたいです。ぶっちゃけ、複数年契約をしているわけですから、それをうまく活用したらいい。周りはそれに対していろいろ思ったり言ったりする。だけど、それは大輔の実績と存在価値が生み出した契約。違法でも何でもないですから。

 もちろん、まだシーズン序盤だから、1軍で先発ローテに入るための努力をやらなアカンけど、「来年もある」くらいの余裕を持ってやってほしいですね。

●プロ野球記事一覧>
●ソフトバンク記事一覧>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る