2015.03.12

黒田博樹×桑田真澄 対談「変えなきゃいけないことが多すぎる」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 梅田雄一●写真 photo by Umeda Yuichi

黒田博樹×桑田真澄 対談(前編)

 メジャー7年間で79勝を挙げるなど、トッププレイヤーとして活躍していた黒田博樹。メジャーのある球団は黒田獲得のために20億円を超える資金を用意していたという。しかし、黒田はそれらのオファーを断り、古巣・広島への復帰を決めた。そして8年ぶりに過ごした日本のキャンプ。黒田は何を思い、何を感じたのだろうか。球界の先輩である桑田真澄氏に胸のうちを語った。

昨年、ヤンキースのキャンプ地・タンパで会って以来の再会となった桑田真澄氏(左)と黒田博樹

桑田 8年ぶりにカープへ戻ってきて、久しぶりの沖縄キャンプ……どうでしたか。

黒田 あまり変わってませんでしたね。自分の想像していた範囲内でした。ただ自分がいた頃は体も若かったので、練習メニューは以前の方が多かった気はします。

桑田 今、『男気がある』『お金よりもカープ愛だ』『戻ってきてくれてありがとう』と大変な歓迎ぶりですが、この状況をどう感じてますか。

黒田 僕自身、そんなことは考えもしなかったんですけど、周りからのそういう反応には、ちょっと戸惑っている部分もありますね。その分、それなりの結果を残さないといけないというプレッシャーもあります。

桑田 カープは2月1日から宮崎の日南でキャンプを始めましたが、黒田くんの合流は2月中旬の沖縄から。それまではアメリカで調整していたとのことですが、その狙いはどのあたりにあったのでしょう。

黒田 アメリカから日本に戻るということで、野球以外の手続きもあれこれとしなくちゃいけなかったので……あとはメジャーの7年間、スプリング・トレーニングは2月中旬に始まりましたから、毎年、開幕から逆算してきたルーティンを守りたかったということもありました。カープに戻ることを決めたのが去年の年末だったので、いろいろなことを準備するためにもう少し時間が必要かなと思ったんです。それで球団にお願いして、了承してもらいました。