交流戦開幕。セがパに勝ち越すための打開策はあるか?

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

2011年
打率
1位 坂口智隆(オリックス).412
2位 田口壮(オリックス).363
3位 糸井嘉男(日本ハム).351
4位 マートン(阪神).340
5位 炭谷銀仁朗(西武).329

防御率
1位 ダルビッシュ有(日本ハム)0.21
2位 館山昌平(ヤクルト)0.44
3位 田中将大(楽天)0.68
4位 中山慎也(オリックス)0.73
5位 武田勝(日本ハム)1.03

2012年
打率
1位 角中勝也(ロッテ).349
2位 田中賢介(日本ハム).344
3位 中村剛也(西武).342
4位 荒木雅博(中日).340
5位 糸井嘉男(日本ハム).326

防御率
1位 グライシンガー(ロッテ)0.83
2位 ウルフ(日本ハム)0.91
3位 前田健太(広島)0.92
4位 釜田佳直(楽天)1.14
5位 大隣憲司(ソフトバンク)1.22

2013年
打率
1位 長谷川勇也(ソフトバンク).418
2位 内川聖一(ソフトバンク).385
3位 松田宣浩(ソフトバンク).360
4位 秋山翔吾(西武).351
5位 今江敏晃(ロッテ).350

防御率
1位 ディクソン(オリックス)0.74
2位 岸孝之(西武) 1.21
3位 田中将大(楽天)1.31
4位 木佐貫洋(日本ハム)1.38
5位 戸村健次(楽天)1.40

3 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る