2015.06.03

「ウェブ・ジェム」って何?メジャーリーグの最新用語

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu  photo by AFLO

 ちょうど20年前の1995年6月2日(日本時間6月3日)は、野茂英雄投手がニューヨーク・メッツ戦でメジャー初勝利を挙げた記念すべき日です。あれから20年、メジャーリーグの情報はあふれんばかりに日本に届き、様々なメジャー用語が浸透してきました。ただ、メジャー用語は日進月歩で、次々と新しい表現が誕生しています。そこで今回は、すでにアメリカで広く使われているものの、まだ日本には定着していないメジャー用語を紹介したいと思います。

アンドレルトン・シモンズ(右)の華麗な守備は、まさに「ウェブ・ジェム」だ まず、最初に紹介したいのは、「フリー・ベースボール(free baseball)」という単語です。これは、「延長戦」という意味なのですが、メジャーリーグ中継で解説者が好んで使うようになってきました。9回以降のゲームも無料で見られるので、「フリー」という単語を用いるようになったようです。

 昔は「エクストラ・イニング(extra inning)」という表現が使われていました。しかし最近では、やたらフリー・ベースボールという単語がメジャーリーグ中継で飛び交っています。アメリカ人は言葉を省略したり、簡単な言い回しを好むので、こちらの言い方が定着していったのでしょう。

 言い方が変わった例でいえば、「ウォーク・オフ(walk off)」という用語も挙げられます。日本でいうと、「サヨナラ」という意味です。もともと、メジャーには「サヨナラヒット」のような洒落た言い回しがありませんでした。ゲームエンディングヒットや、ゲームエンディングホームランといった、非常に真面目な言い回ししかなかったのです。