2012.10.12

【MLB】すれ違いの6年。
理解されることのなかった松坂大輔の「美意識」

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • ロイター/アフロ●写真 photo by REUTERS/AFLO

今季最終戦となったヤンキース戦に登板した松坂大輔だったが、3回途中5失点で降板した 松坂大輔と初めて出会ったのは、彼が18歳のときだ。あれから14年が経ち、松坂は32歳になった。

 高校生の頃から今に至るまで、松坂と接していて、いつも思うことがある。

 それは、超一流のプレイヤーにありがちなコンプレックスの類を、彼からはまったく感じたことがないということだ。わかりやすいところで言えば、体が小さいとか、家が貧しいとか、野球界のエリートコースを歩めなかったとか、超一流の域に達したプレイヤーから話を聞くと、望むと望まざるとにかかわらず子どもの頃から背負わされた何かしらのコンプレックスがあったんだろうなと想像させることが珍しくない。そうしたプレイヤーほど、負の感情をバネに天井を押し上げ、屋根を突き破って、無限に広がる大空へと飛び立っていくものだ。

 しかし、松坂からはそうした負の感情を感じない。体に恵まれ、幸せな家庭に育ち、子どもの頃から世界大会に出場するなど、順風満帆の野球人生。高校時代、あまりにもその名を知られすぎて汚い大人の世界を垣間見ることになってしまったにもかかわらず、勘違いすることもなければ、傲慢(ごうまん)に振る舞うこともなかった。もちろん、勝負師としての頑固さは半端ではないし、「ここぞ」の集中力は他人を容易に寄せつけない。それでも、生来の天真爛漫な人柄は敵を作ることなく、懐(ふところ)の深い考え方ができるからこそ、今でも同級生からの人生相談が絶えない。目配りが効き、やせ我慢ができる。なぜそこまでと思うほど他人に気を遣い、自分のことは後にする。

 松坂のメジャー6年目が終わった。

 それはつまり、入団時にレッドソックスと交わした6年契約が満了したことを意味している。まず、6年間の勝敗を列挙してみる。

 1年目(2007年) 15勝12敗
 2年目(2008年) 18勝3敗
 3年目(2009年) 4勝6敗
 4年目(2010年) 9勝6敗
 5年目(2011年) 3勝3敗
 6年目(2012年) 1勝7敗

 この数字を眺めてみれば、ターニングポイントはメジャー3年目にあると思うだろう。しかし、あれこれと思いを巡らせてみると、だからメジャーでの松坂は歯車がずれてしまったのではないかと思い当たることがある。