U18日本代表のエースは? 前田悠伍超えを狙う全国未経験の152キロ左腕など多士済々の有望投手たち

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 4月4日から3日間にわたり、U18日本代表候補選手強化合宿が開かれた。合宿には36名の代表候補のうち、コンディション不良のため不参加となった1名を除いて35名が参加した。

 前回(2019年)の合宿はもはや"伝説"と言っていい。紅白戦で佐々木朗希(現・ロッテ)が最速163キロの快速球を投げ込み、メディアやスカウト陣の度肝を抜いた。ほかにも宮城大弥(現・オリックス)、奥川恭伸(現・ヤクルト)、及川雅貴(現・阪神)、石川昂弥(現・中日)、森敬斗(現・DeNA)、紅林弘太郎(現・オリックス)、黒川史陽(現・楽天)といった錚々たるメンバーが参加していた。

 コロナ禍を挟んで4年ぶりに開催された合宿では、どんな選手が躍動したのか。投手編・野手編に分けて紹介していきたい。

【圧巻の投球を披露した前田悠伍】

 前田はやはり前田だったな......。

 そう納得してしまうような、圧巻のパフォーマンスだった。

 合宿2日目の紅白戦に登板した前田悠伍(大阪桐蔭)は3イニングを投げて被安打1、奪三振4、与四球1、失点0と危なげない内容だった。

 見せ場はキャッチボールから始まっていた。同じく左腕で最速152キロをマークする東松快征(享栄)とペアを組み、前田はブルペンに入る前に遠投に取り組んだ。

 ガツッと硬質の石をぶつけるような東松に対し、前田のボールはゴムで仕込んでいるかのように弾力を帯びて伸びていく。東松はその衝撃を証言する。

「自分は球のスピードや勢いには自信がありますが、前田のボールはキレがものすごくて......。ボールが二段階くらい加速して、浮き上がるような感じ。ストーンと伸びてくるイメージでした」

 優勝候補大本命に挙げられた今春のセンバツでは、準決勝で報徳学園に逆転負けを喫した。高校1年秋から一線級で活躍してきただけに、前田の投球に対して「物足りない」という声も少なからずあった。

1 / 4

プロフィール

  • 菊地高弘

    菊地高弘 (きくち・たかひろ)

    1982年生まれ。野球専門誌『野球小僧』『野球太郎』の編集者を経て、2015年に独立。プレーヤーの目線に立った切り口に定評があり、「菊地選手」名義で上梓した『野球部あるある』(集英社/全3巻)はシリーズ累計13万部のヒット作になった。その他の著書に『オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない! 野球留学生ものがたり』(インプレス)『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(イースト・プレス)『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』(カンゼン)など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る