プロ野球「最後のPL戦士」へ。
ドラフト候補・中川圭太の溢れる思い

  • 高橋博之●文 text by Takahashi Hiroyuki
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「でも、比較されるということは『もっとレベルアップしろよ。いつか今岡を超えろよ』という期待を込めていただいているからだと思うので、非常に光栄です。ただ、"今岡二世"と言われながら結果を残せないと、今岡さんの顔に泥(どろ)を塗ってしまうことになるので、そのプレッシャーは常にあります。昨年は代表にも選ばれて結果も少しずつ出てきました。今年は結果を確実なものにして、期待に応えなければいけない1年だと思っています」

 今年の目標は、昨年成し遂げられなかった全国制覇を達成し、首位打者、MVPを獲ること。そして今度こそ、堂々とドラフトで指名されることだ。中川の大学最後の1年が始まった。

◆センバツ地獄耳。プロ球団スカウトがささやくドラフト候補のナマ評価>>

◆PL学園のOBだけで「最強のプロ野球チーム」を組んでみた!>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る