2018.04.19

あの元プロ2世、ゴジラの後継者…
甲子園を目指す「スーパー1年生」

  • 高木遊●文・写真 text & photo by Takagi Yu

 夏の甲子園100回大会を控え、大きな盛り上がりをみせる高校野球。そんな高校野球界では今年も有望な1年生が甲子園を目指し、全国の強豪校、新鋭校に入学した。そのなかで、中学時代に確かな実績を残した将来性豊かな逸材たちを紹介したい。

 毎年のように有望選手が入学する横浜(神奈川)は、今年も中学球界で名の知られた精鋭たちが名門の扉を叩いた。

 平田徹監督が「英才教育というか、レギュラーと一緒にプレーさせて雰囲気を経験させたい」と話すように、4月8日の春季神奈川大会初戦では7人の1年生がベンチ入りを果たしている。

名門・横浜高校に進学した元ヤクルトの度会博文氏の息子・隆輝(写真中央)

 そのなかでも随一の実績を誇るのが、ヤクルトで活躍した度会(わたらい)博文氏(現・球団職員)を父に持つ、内野手の度会隆輝(りゅうき/佐倉シニア出身)だ。昨年11月に愛媛県の松山坊ちゃんスタジアムで行なわれたU-15アジアチャレンジマッチに出場し、侍ジャパンU-15代表の3番打者として11打数7安打6打点の活躍で優勝に貢献。大会最優秀選手にも選ばれた。

 走攻守三拍子揃い、バットコントロールの巧さは群を抜いていた。両親譲りの明るい性格もウリのひとつで、高校初の公式戦でも臆することなくシートノックから大きな声を出す姿が印象的だ。

 また初戦はベンチを外れたが、世田谷西シニアでエース兼中軸打者だった木下幹也(もとや)も楽しみな存在。184センチ83キロという堂々とした体躯に加え、シニア時代にはチームメイトの誰もが認める野球への真摯な姿勢でチームを引っ張った。昨年夏のシニア日本選手権では度会らを擁する佐倉シニアを破って日本一に輝いている。

 さらに、中学時代に神奈川ナンバーワン左腕との呼び声が高かった松本隆之介(戸塚シニア出身)も入学するなど、多くの逸材が加わった。