2018.04.03

センバツ地獄耳。プロ球団スカウトが
ささやくドラフト候補のナマ評価

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 昨年は清宮幸太郎(早稲田実→日本ハム)という春の時点でドラフト1位確実の超目玉選手がいたが、今回のセンバツでは「そこまでの大物はいない」というのがスカウトたちの見解だった。

 そんな中、高い評価を集めたのが大阪桐蔭の藤原恭大(きょうた)と根尾昂(あきら)のふたり。昨年、2年生ながらU-18日本代表で活躍した藤原は、今大会は右ヒザのケガで本来の1番ではなく4番での出場だったが、実力の片鱗を見せた。

「1位指名される選手」とスカウトから高い評価を受けた大阪桐蔭の藤原恭太 初戦の伊万里(佐賀)戦で二塁打を放ったときの二塁到達タイムが7秒96。故障を感じさせないスピードを披露した。

「スピード、パワー、コンタクト能力......すべて備わっている。向かっていく姿勢や表情もいいし、間違いなくプロで使える選手。おそらく1位で消えるでしょう」(パ・リーグ球団スカウトA氏)

「思い切りよくスイングできるし、変なクセがない。タイミングを取るのもうまい。高校生ではトップの評価。プロでもレギュラーを獲るのは間違いない選手」(セ・リーグ球団スカウトB氏)

 次々と賞賛の言葉が並ぶが、こんな声もある。

「外野手で左打ちというのがねぇ......。どこの球団も左打ちの外野手は飽和状態。補強ポイントとしての優先順位は高くないから、評価と指名順位が一致しないかもしれない」(パ・リーグ球団スカウトC氏)

 藤原と同じ大阪桐蔭の根尾は、バッティングだけでなく3回戦の明秀日立(茨城)戦では投手としても先発完投して最速147キロをマークし、11奪三振の快投を見せた。ただ、スカウトたちは内野手として高く評価しているようだ。

「昨年よりショートらしくなってきたというか、成長のあとが見えた。ただ、まだ原石。洗練されていく可能性にかけるという感じですかね。守りに関しては、もっと足を使ってほしい。肩が強いだけに、そこまで足を使わなくてもできてしまうんですよね」(A氏)

「身体能力が高い。プロで鍛えれば、広島の菊池涼介のような守備ができるようになる。バッティングも以前はただ振り回していたけど、丁寧に打つようになった。ちょっとスケール感が小さくなった気がするけど、話題性もあるし、1位で獲る球団はあるかもしれない」(セ・リーグ球団スカウトD氏)