2019.07.18

車いすラグビー日本代表、倉橋香衣。
女性だからの注目に「正直悔しい」

  • 星野恭子●取材・文 text by Hoshino Kyoko
  • 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

 車いすラグビーでは各選手が役割を持つ。倉橋のように持ち点の小さいローポインターは主に守備を担う。攻撃を担う持ち点の大きなハイポインターがボールを運びやすいように相手選手をブロックして道を作り、スペースを空ける。

ローポインターとしての役割をしっかりと遂行する 日本代表にも選ばれ、求められるプレーの幅も広がり、精度も求められる。今の目標は守備のスペシャリストとして、チームに貢献することだ。例えば、もし、自分より持ち点の大きなハイポインターをブロックできれば、チームはさらに有利になる。

 狙った相手を確実に止めるには、後ろから追いかけたのでは間に合わない。相手の動きを読み、先回りすることが必要だ。「私はただでさえ動きが遅いのに、迷ったらなお遅くなる。私が迷えば、周りも迷う。ここと決めたところに先回りする。その判断を早く正しくできるようになりたい」

 東京大会も近づき、車いすラグビー人気の高まりに伴い、チーム唯一の女性である倉橋への注目も高まっている。「競技のPRや女性への普及」を意識し、取材にも臨んでいるが、複雑な思いもあるという。

「男女混合なので、コートに女性選手がいるのは当たり前。女性というだけで注目されるのは、正直、悔しいです」