2022.02.02

上村愛子が日本女子モーグルの強さに迫る。金メダルが期待されるネクストヒロイン川村あんりのすごさも語った

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • photo by Ezra Shaw/Getty Images,Yohei Osada/AFLO SPORT

上村愛子が北京五輪モーグルを徹底検証
日本のメダルの可能性~女子編

 北京五輪が2月4日に開幕する。あらゆる競技で日本勢の活躍が期待されるが、とりわけフリースタイルスキー・モーグル(2月3日~)は、男女ともに「史上最強のメンバーがそろった」と言われ、男子は前回の2018年平昌五輪での原大智(銅メダル)に続く2大会連続の、女子は2002年ソルトレークシティ五輪での里谷多英(銅メダル)以来20年ぶりの、メダル獲得が確実視されている。

 そこで、1998年長野五輪から5大会連続で五輪に出場し、現在の日本モーグル勢に大きな影響を与えた上村愛子さんに、男女の"エース"と呼ばれる選手の強さ、メダルの可能性について話を聞いた――。

北京五輪でのメダルが期待される川村あんり北京五輪でのメダルが期待される川村あんり この記事に関連する写真を見る ――北京五輪に挑む女子モーグルの日本代表は、川村あんり選手(17歳/日体大桜華高)、冨高日向子選手(21歳/多摩大)、住吉輝紗良選手(21歳/日大)、星野純子選手(32歳/チームリステル)の4選手。なかでもメダルの期待が大きいのは、川村選手と言われています。まだ17歳ですが、早くから世界でも注目されていたのでしょうか。

「あんりちゃんは14歳の時、田沢湖のW杯で前走をこなして、そこで海外のコーチや選手たちから『すごい選手がいるじゃないか』と注目を浴びました。その後、中学校3年生の時にW杯デビュー。開幕戦でいきなり2位になったんです。新しくスケールの大きな選手が出てくることは、モーグル界全体としても盛り上がります。ネクストヒロインとして十分に期待される形であんりちゃんが登場しました」

――川村選手の強さはどういったところにあるのでしょうか。

「安定感だと思います。しかも、前に体重をかけて、下に落ちていくような攻撃的な滑りができるようになって、よりスピードが速くなりました。エアの完成度も高く、ランディングからターンのつなぎもキレイに入ってきます。モーグルのすべてがうまく、安定しているのでジャッジが減点する要素が少なく、(五輪でも)『この子はすごい』という評価がもらえるのではないでしょうか」