本田望結、芸歴は長くとも女優としては「まだまだ新人」。フィギュアスケーターとしても活躍する高校3年生のリアルとは?

  • 山本夢子●取材・文 text by Yamamoto Yumeko
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

「今って大事な時期だ!」

ーー現在、高校3年生ということで進学先についても考えていますか?

 具体的にいろいろ考えていて、フィギュアスケートも続けたいし、大学生にもなりたいです。なので、今って大事な時期だ!と思っているんですけど、想像しているとおりに物事が進んだらいいなって思いながら頑張っています。これは志望校とかは関係なくなっちゃうんですけど、学びたいことだけで言うと栄養学にすごく興味があって。この先、大人になってからでも学んでみたいです。

この記事に関連する写真を見るーー望結さんのお母さまはアスリートフードマイスターの資格をお持ちだと聞きましたが、お母さまの影響も?

 あります。母にいろいろ聞いて、栄養って大事なんだなと思うので学びたいと思います。

ーーでは、最近ハマっていることはありますか?

 カメラです。遠くまで撮れるような本格的なカメラがずっとほしくて。これ、自分で言うのもあれなんですけど、すごく素敵な話があって。数カ月前にインタビューしていただいた時、「誕生日プレゼントは何がほしいですか?」という質問をしていただいて、「一眼レフのカメラがほしいです。この記事、父や母が読んでくれるかな(笑)」と言っていたら、本当にその記事を読んでくれていて誕生日プレゼントにくれたんです!

 素敵すぎません? 最近すごく嬉しかったこの初出しエピソードを、ずっとひっそり持っていました(笑)。そのカメラを持ってスポーツ観戦に行くのが大好きで、選手たちを撮ったりしています。いつか姉や妹が滑っているところも撮ってみたいとも思っています。

ーー最後に、忙しい日々だと思いますが「頑張れる秘訣」を教えていただけますか?

 皆さんの笑顔だと思います。家族をはじめファンの方々やサポートしてくれる皆さん、記者の皆さん......皆さんが優しくて、私が何か頑張ると「スゴいね!」って声をかけてくださったりするのが本当にうれしいです。応援してくださる皆さんが私の何かを見て笑顔になってくださる瞬間が一番うれしいので、楽しいこともそうじゃないことも、一生懸命に諦めず頑張っていきたいです。

この記事に関連する写真を見る終わり インタビュー前編から読む>>

【プロフィール】
本田望結 ほんだ・みゆ 
2004年6月1日、京都府生まれ。オスカープロモーション所属。ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)や映画『コドモ警察』など数多くの作品に出演。女優業と並行してフィギュアスケーターとしての活動も続けている。日本テレビZドラマ『ばかやろうのキス』(毎週土曜、14時30分〜15時放送)に出演中。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る