自然体の宇野昌磨は羽生結弦との差を痛感して喜んだ「また頑張ろう」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 2018年平昌五輪後に勝つことを強く意識し始め、昨シーズンは新たな道を模索した宇野。コーチ不在の時期には苦しんだ。だが、ランビエールコーチに師事してから、勝ちたいと思っていた時期には「逃げ」と思い込んでいた「スケートを楽しむ気持ち」を大切にしてもいいんだ、と思えるようになったという。

 新たな道を歩み始めた宇野にとって、今年2月のチャレンジカップ以来10カ月ぶりとなった全日本は、新鮮な気持ちで再び前に進む第一歩になったようだ。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る