2020.12.28

自然体の宇野昌磨は羽生結弦との差を痛感して喜んだ「また頑張ろう」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

12月26日、全日本フィギュアでフリー演技をする宇野昌磨 12月26日、全日本フィギュアスケート選手権男子フリー。宇野昌磨は前半の4回転トーループが3回転になり、後半の4回転トーループ後に急遽入れた4回転トーループは着氷で手をついてしまうミスがあった。しかし、滑り終わった瞬間に満面の笑顔で両手を突き上げてガッツポーズをした。その理由を笑顔でこう説明した。

「単純にうれしかったんです。4回転トーループをパンクしてしまったけれど、何かそこからは逆にすごく楽しめた」

 全日本の宇野の姿で際立っていたのは、楽しそうな表情だった。スイスを拠点にしていたためグランプリ(GP)シリーズはフランス大会の出場を予定していたが、新型コロナウイルス蔓延で大会が中止に。結局、全日本選手権がシーズン初戦となった。

「これまでの僕は目の前の試合を目標にして、そこで得た技術的な課題を次の試合に向けて克服しようという気持ちでやってきていました。でも、今年は1年くらい試合がなくて目標も明確にはならず、試合を予定しても『なくなってしまうのではないか』という中で練習をしていた。自分の練習に目標も見つけられず、不安を感じながら練習をしていた時期もありました。それでもステファン(・ランビエール)コーチという存在に恵まれてスケートを楽しむことを考えて。僕が今までやってきたご褒美だと思って楽しむことも必要だな、と練習をしてきました」

 こう話す宇野にとって今回の全日本は、試合に出られる楽しさを久しぶりに味わえる大会だった。前日のSPは最初の4回転フリップは3.93点の高い加点を取るジャンプだったが、次の4回転トーループは転倒。結果は94.22点で3位になり、こう振り返った。

「あのジャンプ(4回転トーループ)は練習でも不安があった。思い切りいって跳べる踏み切りにはできたけど、着氷を制御する心の余裕がなかった」

 他の要素を完璧にこなしていただけに、惜しい結果だった。