2015.10.05

ジャパンOPで世界王者を圧倒。宇野昌磨、シニアでの挑戦

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

世界のトップを相手に高得点をマークした宇野昌磨  宇野昌磨は、シニア参戦のシーズン開幕前に、初となるジャパンオープンに出場した。

「シニアの大会はいつもテレビで観る側だったので、その中に自分が入っているのは不思議な感じです。団体戦なので足を引っ張らないように頑張りたい」

 大会前日にはそう話していた宇野だったが、10月3日の本番では2015年世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)や、休養から復帰した元世界王者のパトリック・チャン(カナダ)を圧倒する、堂々の演技を披露した。

 ジャパンオープンの前、宇野は9月16日から開催されたISUチャレンジシリーズのUSインターナショナルクラシック(ソルトレークシティ)に出場。この大会、宇野はショートプログラム(SP)の冒頭4回転トーループが3回転になって転倒、後半に入ってすぐのトリプルアクセルもダブルになって着氷を乱すなどミスを連発した。その後、フリップとトーループの3回転連続ジャンプを跳んだが、セカンドのトーループが「ソロジャンプで使用した種類はコンビネーションジャンプでは使えない」というルールに抵触して0点に。52・45点で9位発進という予想外の結果になってしまった。