猪木とフレアーの禁断ツーショット、三沢光晴の結婚スクープ......東スポ時代の柴田惣一が見た昭和プロレスの裏側

  • 大楽聡詞●取材・文 text by Dairaku Satoshi

プロレス解説者 柴田惣一インタビュー(1)

 1982年に東京スポーツ新聞社(東スポ)に入社後、40年以上にわたってプロレス取材を続けている柴田惣一氏。テレビ朝日のプロレス中継番組『ワールドプロレスリング』では全国のプロレスファンに向けて、取材力を駆使したレスラー情報を発信した。

 そんな柴田氏が、選りすぐりのプロレスエピソードを披露。今回は、東スポに入社した当時の取材の現場、三沢光晴さんの結婚スクープ、ジャイアント馬場さんが問題視した、アントニオ猪木さんとリック・フレアーのハワイでのツーショット裏話について聞いた。

北朝鮮で試合を行なった猪木(左)とフレアー photo by スポニチ/アフロ北朝鮮で試合を行なった猪木(左)とフレアー photo by スポニチ/アフロこの記事に関連する写真を見る

【猪木信者として受けた東スポ】

――まずは、柴田さんが東スポに入社する経緯から教えてください。

「大学の卒業アルバムで、自分の顔写真の下に『猪木バンザイ!』とコメントを入れたほどの"アントニオ猪木信者"だったんです(笑)。僕は愛知県出身で、東スポの中京版『中京スポーツ』が販売されていたけど、高校生だと店頭で買いにくかったですね(苦笑)」

――風俗関係の記事も多かったですよね。

「だから親に頼んで、宅配してもらっていました(笑)。そして高校卒業後、大学進学で上京した時期に、猪木さんの生き様に共感してのめり込んで。それで『プロレス記者になれば猪木に会える!』となったんです。ただ、僕が就職活動をした年は、東スポは採用募集が遅かったから、すでに一般企業を受けて内定をもらってしまっていて......」

――募集の時期はいつだったんですか?

「確か、大学4年時の1月です」

――えっ、卒業まで3カ月の時期ですよね?

「それでも年明け早々、東スポから『新入社員募集』の案内が出ていたから、受けたら通っちゃって。履歴書の趣味の欄に『"猪木コール"をすること』と書いたのが、面接でウケていたかな。その後、大学の学生課と内定をもらった企業に謝りに行ったりして大変でしたよ」

――紆余曲折あっての入社ですね。

「入社日は3月17日。1週間、研修で校閲業務に携わり、すぐに編集局第二運動部に配属されました。当時は第一運動部が野球、第二運動部が野球以外のスポーツとプロレスや格闘技を担当していたんです」

――入社して、猪木さんに会ったのは?

「初めて会ったのは4月でしたね。蔵前国技館大会があり、『今度、東スポに入社しました柴田です』と挨拶したら、猪木さんは『おっ!頑張ってね』と、明るく気さくに接してくれました。

一方でジャイアント馬場さんは、受け入れてくれるまで時間がかかった印象です。でも、巡業などを一緒に回って挨拶を繰り返していくと心を開いてくれた。一度受け入れてくれたら、とっても温かい人でしたよ」

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る