2021.12.03

ぱんちゃん璃奈がどん底だった7年間。「これを逃したら幸せになれない」とキックボクシングにしがみついた

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 撮影●田中亘 photo by Tanaka Wataru

女子格闘家ファイル(1)

ぱんちゃん璃奈インタビュー 後編 (前編から読む>>)

 2019年2月、PANCRASE REBELSでプロデビューを果たし、わずか2年半で『RIZIN』の舞台へと駆け上がったぱんちゃん璃奈選手。自身のYouTubeチャンネルでは天真爛漫なキャラクターを披露しているが、一時は人生の目標を失い、ギリギリの毎日を生きていたという。紆余曲折を経てたどり着いたキックボクシング。ぱんちゃん選手の「これまで」、そして「これから」を聞いた。

キックボクシングに出会うまでの苦しかった日々を振り返ったぱんちゃん璃奈キックボクシングに出会うまでの苦しかった日々を振り返ったぱんちゃん璃奈 この記事に関連する写真を見る ***

――キックボクシングを始めた当初、お母さんは反対だった?

「反対していて、『どうせ続かないでしょ』という感じでしたが、『顔のガードだけはちゃんとして』とも言われました(笑)。アマチュアの試合も、(2019年2月の)プロデビュー戦も見に来てくれませんでしたね。

 でも、鼻が折れた3戦目で『本気で頑張っている』と思ってくれたみたいで、4戦目で初めて観戦してくれました。それ以来、(実家がある)大阪から、お兄ちゃん、お父さん、お母さんが毎回来てくれます。お兄ちゃんは、いつも試合直前に『頑張れや!』と言ってくれますし、リングサイドでは『ぱんちゃんパーカー』や『Tシャツ』を着て応援してくれます(笑)」

――やはり、ご家族の声は力になる?

「すごくなりますね。でも、パワーをもらうというよりも、安心させてあげたいという気持ちが強いです。リングに上がった時に家族と目が合うこともあるんですけど、いつもお母さんが泣きそうなんですよ。

 最近もお母さんと話をした時に、『こんなに璃奈ちゃんがひとつのことを続けているなんて、不思議な感じ。怖いやら嬉しいやら、不安やらでいっぱいだよ』と言っていました。だから、きっちり勝って安心させたいですね」

――リング上で、冷静に周りが見えているんですね。

「けっこう冷静です。緊張はするんですけど、会長の声や、相手のセコンドの声も聞こえます。RIZINの試合では解説席の『ローキック、このあとのダメージはどうでしょうか?』といった声まで聞こえましたよ(笑)。今はコロナ禍で観客が声を出して応援できない分、より聞こえるんですよね」