2021.12.03

プロデビュー時の「色物扱い」から12連勝。無敗の女王・ぱんちゃん璃奈が考える「女子キック不要」の批判を覆すために必要なこと

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro
  • 撮影●田中亘 photo by Tanaka Wataru

ぱんちゃん璃奈インタビュー 前編

 彼女はホンモノか?

 2021年9月19日、さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.30』で、ぱんちゃん璃奈が念願のRIZINに初参戦。第1試合で、プロ40戦のキャリアを誇る百花選手と対戦して3-0の判定で勝利した。

 女子キックボクシングの試合がRIZINで行なわれるのは初めてのこと。YouTubeでの朝倉未来・海兄弟とのコラボや、バラエティー番組出演を機に「ぱんちゃん璃奈」という名は広く知れ渡った。RIZIN前のプロ戦績は11戦11勝。「知名度」「ルックス」「無敗」とスポットライトが当たるには十分だが、RIZINで女子キックボクシングが行なわれることに批判的な声もあり、"査定"の意味で試合を見ていた人もいるだろう。

 そうした否定的な声は、ぱんちゃん自身の耳にも届いていた。何より、そのポジションをもっとも理解していたのは彼女自身だった。

今年9月にRIZINで勝利した、プロ12戦無敗のぱんちゃん璃奈今年9月にRIZINで勝利した、プロ12戦無敗のぱんちゃん璃奈 この記事に関連する写真を見る ***

――RIZIN初参戦で百花選手に勝利したにも関わらず、試合後には「倒せず、申し訳ないです」と謝罪の言葉がありましたね。

「悔しさというよりも、『なぜもっとできなかったんだろう』という気持ちが大きかったです」
 
――初めてRIZINで行なわれた女子のキックボクシング。背負っているものも大きかったのでは?

「みんなに『プレッシャーがすごくない?』と聞かれるんですけど、それはあまり感じていなくて、楽しみのほうが大きかったです。プレッシャーがあるとしたら、『絶対に相手を倒さなきゃいけない』ということですかね」

――「華だけじゃなく、しっかり実力のある選手として......」という言葉もありました。

「9月の大会は、実力で呼んでもらえた部分も10%くらいあったかもしれませんが 、やっぱり"華"の枠だったと思います。今は実力で試合を見てもらえる選手になることが夢です。デビュー当初もまったく実力がなくて、本当に"色物扱い"だったんですけど、ベルトを獲ったことによって周囲の見る目が変わった。でも、RIZINでは私がどんな選手なのか知らない方がほとんど。『話題性だけ』とも言われますが、実力でギャフンと言わせたいですね」

――すごく自分を客観視されているんですね。

「ネガティブなのでいろいろ考えるんですよ。そんなに自信はなくて、うぬぼれもありません。女子格闘家の中でKOで勝てる選手はRENA選手がいますが、その次の選手になるには、まだまだKOが少ないと思っています」