2021.12.09

「どの格闘技が一番強いのか」朝倉未来が視聴者と進化させる格闘エンタメ。スター候補の注目選手や今後のビジョンは?

  • 篠崎貴浩●取材・文 text by Shinozaki Takahiro

朝倉未来インタビュー前編

 11月27日、穏やかな土曜日の昼下がり、場所は東京のど真ん中。会場内ではバンテージを撒いた選手が行き交い、スタッフも忙しなく動いている。有観客の興行とは別の緊張感が漂っていた。

 薄暗い場内の真ん中に浮かび上がる金網のオクタゴン。そこを舞台に、1分間最強を決める『BreakingDown』の第3回大会が行なわれた。

第3回『BreakingDown』終了後にインタビューに応じた朝倉未来 photo by Shinozaki Takahiro第3回『BreakingDown』終了後にインタビューに応じた朝倉未来 photo by Shinozaki Takahiro この記事に関連する写真を見る  視聴者の声を積極的に取り入れてバージョンアップしてきた同大会。今大会では新たな企画として、『ミドル級 (84 kg 以下)1Dayトーナメント』を開催し、賞金30万円をかけて8名が参戦。その他、ワンマッチも含めた合計20試合は、その多くがバチバチの打撃戦となった。

 出場する選手たちはボクシング、空手、日本拳法、テコンドー、柔術など、さまざまなバックボーンを持った、プロ3試合以内の格闘家たち。「1分1ラウンド」で決着する新しい総合格闘技エンターテインメントは、予想ができない展開が魅力となっている。

 アドバイザーは格闘家、YouTuberとしても人気の朝倉未来と弟の海で、大会当日は解説も務めている。第3回大会終了後、朝倉未来に大会の総括と今後の展望を聞いた。

***

――今大会は多くの試合が激しい殴り合いになりました。『BreakingDown』のよさが出た大会だったと思いますが、印象はいかがですか?

「(AbemaTVなどの)視聴者の意見も取り入れ、回を追うごとに楽しい大会になっているとは思いますが、もっと膠着(こうちゃく)がない大会を目指しています。基本的に打撃戦が面白いと思っているので、そういった試合を増やしていきたいですね」

――今回は全20試合中、打撃のみのルールで行なわれたのは2試合でしたが、立ち技の試合を増やすという考えでしょうか。

「そうですね。打撃で劣勢になった場合に組みにいける選択肢があると、そこで膠着してしまうことがある。なので、打撃のみの試合を増やしたいです」

――総合ルールの試合でも、ほとんどの選手がパンチで倒しにいっていました。技術ではなく、気持ちで向かっていく選手が多かったように感じます。

「これまでの2大会でもそうでしたが、気持ちが強い選手が勝っていますね。積極的に前に出ることができて、パンチがうまい選手は見ていて面白いです」