2021.12.09

朝倉未来、「30歳で引退」の意識に変化。中毒性がある格闘技は「悪影響があるのに、大好きな彼女みたい」

  • 篠崎貴浩●文・撮影 text & photo by Shinozaki Takahiro

朝倉未来インタビュー後編 (前編:「どの格闘技が一番強いのか」格闘エンタメの展望>>)

 時代の寵児、朝倉未来。『THE OUTSIDER』で2階級制覇を果たし、2018年8月に『RIZIN』に参戦すると怒涛の7連勝を飾って中心選手に。YouTubeにも活躍の場を広げ、チャンネル登録者数は200万人超えている。

 今年は、6月の東京ドーム大会でクレベル・コイケと対戦し、三角絞めで初の一本負けを喫した。しかし再起戦となる10月の『RIZIN LANDMARK』で萩原京平に完勝。本日13時からの第二弾カード発表が注目される大晦日の『RIZIN.33』への参戦はあるのか。そして、朝倉未来の最終目標とは――。

次回のRIZINやその後についての動向が注目される朝倉未来次回のRIZINやその後についての動向が注目される朝倉未来 この記事に関連する写真を見る ――大晦日の『RIZIN』への参戦は現時点では未定ですか?

「そうですね。左ひざのケガもありますし、練習や減量を含めて何とも言えないです」

――このところ、減量はほぼ水抜きなしで合わせていると聞いています。大会に向けた体づくり、調整の方法は変わってきましたか?

「直近の試合はほとんど水抜きなしでいけましたが、もし大晦日に出るとなったらやらざるを得ない。過酷な減量になると思います。普段から追い込んではいるので、事前にオファーをいただいている場合であれば、水抜きはあまりせずに試合に出られる状態にはなっていますけどね」

――現在、トレーナーは5人体制だそうですね。

「それぞれ違った種目の方で、みなさん言うことも違ったりしますけど(笑)。自分でどの意見を取り入れるかを決めながらやっています」

――クレベル戦の前までのトレーニングは、ほぼスパーリングのみだったとのことですが。

「クレベル戦の1カ月前から、ランニングとミット打ち、ウエイトトレーニングを始めました。それまでは、朝の1時間のスパーリングだけで勝てていたんですが、今はスパー以外のトレーニングもやっていて、得るものもかなり大きいと感じています」

――フィジカル面はトレーナーの土居進さんの指導で、エルゴメーターやパワーマックスなど過酷なトレーニングもされているようですね。

「今日も、それぞれのトレーニングを2往復ずつやってきたんですけど、疲労で眠たくなるくらいキツいですよ。土居さんは、ちょっとおかしいくらいハードです(笑)」