朝倉未来、「30歳で引退」の意識に変化。中毒性がある格闘技は「悪影響があるのに、大好きな彼女みたい」

  • 篠崎貴浩●文・撮影 text & photo by Shinozaki Takahiro

――フィジカルトレーナーの土居さんも、しっかり効果が出るまで3年くらいは必要とおっしゃっているようですね。

「そうなんですよ。今でもトレーニングの効果は出てきているんですけど、『続けていけばもっと出るんじゃないか』となりますよね。格闘技は、中毒。依存性があるんですよ。例えて言うと、自分に悪い影響があるのはわかっているのに、大好きな彼女みたいな(笑)。別れたら寂しくなりそうなんですよ。だから、しばらくやめられないかもしれないですね」

――では、「朝倉未来」というひとりの人間としての目標はありますか?

「"やりがい"を持って生きていきたいですね。これまでも、すごく周りの人が助けてくれることもあって、やりたいことを実現してきています。世に出してないビジネスの案もあります。でも、結局は格闘技を超える刺激は存在しない。それがなくなった時にどうなるかは、ちょっとわからないですね」

――人生の中心にあるのは、あくまで格闘技?

「そうですね。今まではリスクを背負っていろんな挑戦をしてきましたが、成功してしまったらその時点でリスクはなくなってしまう。だから今の僕は、格闘技がなくなったら将来安泰なサラリーマンに近い感じなんじゃないかと。お金に困ることがないのは大事だけど、僕は刺激中毒なんで。ビジネスを確立した状態で格闘技から離れてしまったら、その後の人生は楽しいのかな、と考えることはあります」

――刺激中毒といえば、ケンカに明け暮れていた時代に、スリルを味わうために50mの鉄塔を登った、なんてエピソードもありますね。

「ケンカじゃなくても何でもいいから、命をかけた遊びが楽しかったんです。それに近いのが格闘技。それを超えるものがあるのか......全財産かけたギャンブルとかじゃないとその域にはいかないんじゃないかと」

――昔も今も、そしてこれからも、刺激を求めていくのは変わらない?

「何もない状態から、まったく別のもので成功を目指して挑戦していく。そういうのが面白いと思っています」

 自らが設定した人生の目標設定を次々とクリアし、新たな刺激を求めて進む朝倉未来。闘いの螺旋からは、当分降りられそうもない。

(前編を読む>>)

◆朝倉未来選手がアドバイザーを務める、1分間最強を決める総合格闘技大会
『BreakingDown』
公式Twitter>>

朝倉選手の解説や過去大会のハイライトなどが見られる公式YouTubeチャンネル>>

朝倉未来選手の公式YouTubeチャンネル>>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る