2021.12.10

タイトル戦前のノニト・ドネアに独占インタビュー。「また日本で」井上尚弥との再戦への思いも語った

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Kyodo News

 39歳になった"フィリピーノ・フラッシュ"のリング登場が間近に迫っている。

 5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)は12月11日(日本時間12月12日)、現在保持するWBC世界バンタム級王座の指名戦として、カリフォルニア州カーソンで同級暫定王者レイマート・ガバリョ(フィリピン)の挑戦を受ける。ガバリョは実績では大きくドネアに劣るものの、21戦全勝(18KO)という優れた戦績の持ち主。エキサイティングな戦いが期待できそうだ。

 2019年11月7日、ドネアはさいたまスーパーアリーナで井上尚弥(大橋ジム)と対戦し、後に"ドラマ・イン・サイタマ"と称される歴史的激闘の主役のひとりになった。以降、井上との再戦の機会を追い求め続けるフィリピンの英雄は、どんな思いで今戦に臨むのか。井上や、今夏に対戦寸前までいったWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)という対立王者たちにどのような想いを抱いているのか。

 11月下旬、独占インタビューでその胸中をじっくりと語ってもらった。

ベルトを奪おうとした井上に対し、それを渡さない仕草を見せたドネア(右)ベルトを奪おうとした井上に対し、それを渡さない仕草を見せたドネア(右) この記事に関連する写真を見る ――4回TKO勝ちでWBCの世界王座に返り咲いた、5月のノルディーヌ・ウバーリ(フランス)戦以来となるリング登場に向けて、調整はいかがですか?

ノニト・ドネア(以下、ND)すべて順調に進んできました。10ラウンド、12ラウンドのスパーリングも何度もこなしてきています。コンディションは良好ですし、リングで十分に力が出せる状態です。

――対戦相手のガバリョの印象は?

ND タフでハングリーな若手選手という印象ですね。大変なハードワーカーであることも聞いています。もちろん侮ることはできない相手ですし、彼との戦いを「簡単だ」と考えるべきではありません。