2022.04.18

大久保嘉人がeスポーツの世界へ。取締役CINOとなった理由と目指すチームスタイルとは

  • 都合亮太●取材・文 text by Togo Ryota
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

プロeスポーツチーム「BC SWELL」を運営するSWELLの取締役CINOに就任した大久保嘉人プロeスポーツチーム「BC SWELL」を運営するSWELLの取締役CINOに就任した大久保嘉人 この記事に関連する写真を見る
「違う世界も見てみたいと、ずっと思っていました」

 サッカー選手として活動してきた21年。大久保嘉人は正に一流のプロだった。他の多くのプロのように、引退後もサッカーの道を歩み続けるだろうと、誰もが思っていた。しかしサッカーと深くつき合い続けてきたからこそ、サッカー以外の道に挑戦したかったという。

「僕はサッカーしか知らない。自分の可能性を広げるために、サッカー以外の世界に足を踏み入れてみたかったんです」

 2022年3月、大久保はプロeスポーツチーム「BC SWELL」を運営する株式会社SWELLからのオファーを受け、同社の取締役CINO(チーフイノベーションオフィサー)に就任した。BC SWELLは、NTTドコモが運営するX-MOMENT主催の「PUBG MOBILE」のプロeスポーツリーグ 『PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE』に参加しているほか、設立わずか1年たらずで、世界大会『PUBG MOBILE GLOBAL CHAMPIONSHIP 2021』にも出場。その他、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト部門』や、『ストリーマー部門』など、さまざまなゲームタイトルで活躍している今注目のチームだ。

 ゲームによる対戦を競技と捉える「eスポーツ」。大久保にとって未体験の領域への挑戦となるが、大久保自身はむしろサッカーとの共通点を見出している。

「どちらも勝負の世界だから、eスポーツとサッカーはよく似ています。選手のメンタリティやストイックさはまったく同じだと感じました」

 サッカーの最前線で20年以上活躍してきた男が、eスポーツに太鼓判を押した。それほど、彼の眼に映るプロゲーマーたちは、勝ち負けにこだわるプロフェッショナルだったのだろう。