2022.04.26

今シーズンに輝いた女子バレーボーラー10人。代表に初選出された有望選手、2部で奮闘するリオ五輪戦士も

  • 高井みわ●文 text by Takai Miwa

 2021-22シーズンの「V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子)」は、グランドファイナル(ファイナル第2戦)が新型コロナウイルスの影響で中止になり、ファイナル第1戦で勝利した久光スプリングスの優勝で幕を閉じた。今シーズンに活躍した選手のなかから、新たに日本代表入りした選手や、今後に注目したい女子バレーボーラー10人を紹介する。

***


photo by Kurobane Shirophoto by Kurobane Shiro この記事に関連する写真を見る
■井上愛里沙(いのうえ・ありさ)
所属:久光スプリングス アウトサイドヒッター・178cm
1995年5月8日生まれ 京都府出身 西舞鶴高→筑波大

 今シーズンの最高殊勲選手賞(MVP)、ベスト6を受賞。さらに最多得点部門で、それまで木村沙織(元東レ)が持っていた日本記録を12シーズンぶりに塗り替えた。

 筑波大から入団して4年目。ユニバーシアードは主力として3大会連続出場し、銀メダルひとつ、銅メダル2つを獲得した実績があるが、昨シーズンまでのVリーグでは今ひとつ印象が薄かった。しかし、今季は攻撃面で著しい成長を遂げ、昨年12月の天皇杯とVリーグの2大会でMVPに。パワフルな攻撃が持ち味で、今年は課題のレシーブも克服し、シニア代表でも世界選手権メンバーに残れるかが注目される。