ラグビー日本代表「堀江翔太の後継者」原田衛の奮闘 見せた「超速」の片鱗

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji

「堀江翔太の後継者が誕生した」と言っても、言いすぎではないだろう。

 6月22日、東京・国立競技場にて44,029人の大観衆が見守るなか、『超速ラグビー』を掲げるエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)率いる新生エディージャパンが初陣を迎えた。

 対戦相手は2023年ワールドカップで3位に入ったイングランド代表。日本代表は過去0勝11敗と一度も勝てていない相手で、昨年のワールドカップでも12-34で敗れている。

 日本は前半20分と後半残り20分、イングランド相手に"超速"の片鱗を見せた。だが、相手のキック戦術とゴール前でのフィジカルに後手を踏み、失点を重ねて17-52と力負けした。

日本代表デビューを果たした25歳のフッカー原田衛 photo by Saito Kenji日本代表デビューを果たした25歳のフッカー原田衛 photo by Saito Kenjiこの記事に関連する写真を見る それでも、明るい話題はある。先発から5人、控えから3人の日本代表初キャップが誕生し、強豪相手に大きな経験を積めたのは間違いない。なかでもこの試合で大きな存在感を示したのは、2番を背負って後半9分までプレーしたHO原田衛(ブレイブルーパス東京)だ。

※ポジションの略称=HO(フッカー)、PR(プロップ)、LO(ロック)、FL(フランカー)、No.8(ナンバーエイト)、SH(スクラムハーフ)、SO(スタンドオフ)、CTB(センター)、WTB(ウイング)、FB(フルバック)

 原田はクラブ関係者に「24時間、ラグビーのことしか考えていない」と評される25歳。試合後に話を聞くと、「日本代表を目標にやってきたので、初キャップは本当にうれしい。ただ、イングランドに勝とうとしていたので、勝てなくて悔しかった」と唇を噛んだ。

 続いて、超速ラグビーはできたかと聞くと、「最初の20分をどう制するかをテーマに、はじめは僕らのアタックが通用して、いい形でラグビーが進んでプレッシャーをかけられた。ただ、相手陣22メートルに入って(トライが)取りきれず、その後も超速ラグビーを80分やり続けようとしたが、体が追いついてなかった」と語った。

1 / 4

プロフィール

  • 斉藤健仁

    斉藤健仁 (さいとう・けんじ)

    スポーツライター。 1975年4月27日生まれ、千葉県柏市育ち。2000年からラグビーとサッカーを中心に取材・執筆。ラグビーW杯は2003年から5回連続取材中。主な著書に『ラグビー『観戦力』が高まる』『世界のサッカーエンブレム完全解読ブック』など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る