2015.06.03

【NBA】レブロンvsカリー。今年のファイナルはエース対決!

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by AFLO

【NBAプレーオフ2015・ファイナル展望】

 現地6月4日(日本時間6月5日)、2014-15シーズンのNBAファイナルがいよいよ幕を開ける。最後の大舞台に駒を進めたのは、イースタン・カンファレンスを制したクリーブランド・キャバリアーズと、ウェスタン・カンファレンスの覇者ゴールデンステート・ウォリアーズだ。

レブロン・ジェームズは愛するキャブスを初のNBA優勝に導けるか イーストの第2シードでプレーオフに突入したキャブスは、ファーストラウンドでボストン・セルティックスをスウィープ(4勝0敗)し、カンファレンス・セミファイナルでシカゴ・ブルズを4勝2敗で撃破。そしてカンファレンス・ファイナルでは第1シードのアトランタ・ホークスを再びスウィープ(4勝0敗)で下し、圧倒的な勢いでファイナルに駒を進めた。

 そもそもキャブスは、2003年のドラフト全体1位で地元出身のレブロン・ジェームズ(SF)を獲得したことを機に、エリートの仲間入りを果たしたチームだった。ところが2009-10シーズン後、レブロンがマイアミ・ヒートに移籍すると、その途端にドアマットチーム(※)へと陥落。レブロン不在の4年間は、一度も勝率5割にすら到達できなかった。

※ドアマットチーム=ドアマットのように他チームに踏みつけられるほど弱いチーム。

 転機となったのは、またもやレブロンだ。昨年オフ、FAとなったレブロンが「今から帰るよ」と復帰を決意すると、その発言を聞いたクリーブランド市民は狂喜した。その後、キャブスはミネソタ・ティンバーウルブズからケビン・ラブ(PF)の獲得に成功し、生え抜きのカイリー・アービング(PG)と併せて「ビッグ3」を形成。シーズン開幕前の予想では、いきなり優勝候補の一角に躍り出た。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。