レースクイーンを目指したのは反対していた「父親」の影響? 名取くるみは就活→内定を蹴ってでも「人生一度きりだから!」

  • 石塚 隆●取材・文 text by Ishizuka Takashi
  • 是枝右恭●撮影 photo by Koreeda Ukyo

祝!「日本レースクイーン大賞2022」グランプリ受賞
名取くるみインタビュー後編

◆インタビュー前編>>「サーキットはディズニーランドと同じくらい興奮する場所」

 2010年に始まった「日本レースクイーン大賞」は今年で13回目を数え、名だたるレースクイーンが華々しく彩る「女神の祭典」だ。100人のレースクイーンがノミネートされ、ファン投票を経て上位5人が「大賞」を受賞し、その頂点が「グランプリ」の栄光に輝く。

 今年のグランプリを受賞したのは、レースクイーンユニット『Pacific Fairies』に所属する名取くるみさん。受賞記念インタビューとスタジオで撮り下ろした厳選フォト、ぜひご覧あれ。

◆名取くるみさん厳選撮り下ろしフォトギャラリー(43枚)>>

   ※   ※   ※   ※   ※

この記事に関連する写真を見る── 名取さんがレースクイーンを目指すようになったきっかけを教えてください。

「実は、一番は父の影響だったんです」

── えっ、それは意外ですね。

「父がバイクのレースをやっていて、小さいころからサーキットにはよく連れて行ってもらっていたんです。そこでレースクイーンの姿を見て『素敵だな』って憧れがあって......」

── いつかやってみたい、と。

「はい。ただ、芸能活動とかにほとんど興味がなくて、シンプルにレースクイーンって格好いいなって。それで大学卒業後の4年ぐらい前に、父が参加しているレースのレースクイーンのオーディションがあって、受けてみたら幸い合格できたんです。

 実は就職活動もしていて、とある会社に内定をいただいていたんです。だけど、人生一度きりだからやりたい道に進もうって。なので就職せず、この世界に飛び込みました」

── 親御さんは反対しなかったんですか?

「最初はすごく反対されました。親からすれば先行きが不透明な仕事ですし、抵抗はあったと思います。けど、今は応援してくれていますし、グランプリを獲った時はすごくビックリしていました(笑)」

1 / 4

プロフィール

  • 石塚 隆

    石塚 隆 (いしづか・たかし)

    フリーランスライター。1972年生まれ。神奈川県川崎市出身、現在は鎌倉在住。『Sportiva』をはじめ『Number』『週刊ベースボール』『集英社オンライン』『週刊プレイボーイ』など、スポーツを中心に、政治、経済、サブカルチャーなど多岐にわたるジャンルで寄稿している。趣味はサーフィン、トレイルランニング

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る