2021.09.07

フェルスタッペン、母国GPで王者の風格。ハミルトンの揺さぶりも動じぬ強さ

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

 チェッカードフラッグが打ち振られた瞬間、ザントフォールト・サーキットをオレンジ色に染めた7万人の大観衆の興奮は最高潮に達した。

「この大歓声を聞いてわかるとおり、本当に信じられないくらいすばらしい気分だよ。今週末を迎えるにあたって、ファンの人たちからの期待値はすごく高かったし、それに応えるのは決して簡単なことではなかった。でも、こうしてみんなの目の前で勝つことができ、チャンピオンシップのリードを取ることもできた。本当にすばらしい1日になったよ」

 今季7勝目を挙げたマックス・フェルスタッペンは、母国での大観衆の期待に応えてみせた。

36年ぶりに開催されたオランダGPを制したフェルスタッペン36年ぶりに開催されたオランダGPを制したフェルスタッペン この記事に関連する写真を見る  低速から中高速まで数々のコーナーが流れるように続き、アップダウンのある自然本来の地形を縫うように走っていく。そして観客席でも入場ゲートでも、熱い声援を送る熱心なファンたち。まさに鈴鹿のような雰囲気に包まれたザントフォールトだった。

「サーキットには大勢のファンが集まって応援をしてくれて、前が見えないくらいのスモークだったり(苦笑)大きな声援を送ってくれて、マックス(フェルスタッペン)選手だけを応援するのではなく、このレースをみんなで楽しんで、レースを戦ったすべての選手とスタッフにエールを送り感謝をしてくれる。

 非常に温かく、すばらしい雰囲気のレースだったと思います。この国の人たちの応援や歓迎の仕方も、なんとなく鈴鹿を彷彿とさせるような気持ちになり、我々としても鈴鹿に来たような雰囲気を感じつつ、応援に力をもらいました」(ホンダ・田辺豊治テクニカルディレクター)

 スタートからフィニッシュまで、タイトル争いの相手であるルイス・ハミルトンがぴたりと背後につき、プレッシャーをかけ続けてきた。

 マシンの純粋な速さではわずかにレッドブルに利があったとはいえ、セルジオ・ペレスが予選Q1で敗退したため、2対1の数的優位を作られてしまった。それでもフェルスタッペンは動じることなく、ハミルトンに3秒のギャップをつけてメルセデスAMGの動きを封じてみせた。