2021.07.09

「ボールがどこに飛んでいくのかわからない」堀琴音を突如襲った不振の苦悩

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Image

堀琴音インタビュー(前編)

プロツアー本格参戦1年目となる2015年シーズン、賞金ランキング33位となってシード権を獲得。翌2016年シーズンには優勝争いを何度となく演じて、賞金ランキングは11位まで上昇。堀琴音は次世代を担う選手として、大いに注目されていた。

しかし2018年シーズン、突如の不振に。開幕戦から予選落ちが続いてシード権を失うことになった。以降、2年以上もどん底の状態に陥っていた。そんな彼女が今年、復調気配を見せている。そこで今回、彼女を直撃し、復調へのきっかけと、苦悩の日々について話を聞いた――。

この記事に関連する写真を見る ――6月のアース・モンダミンカップでは今季、自身最高の4位タイでフィニッシュ。ナイスプレーでしたが、現在の調子はいかがでしょうか。

「これまでショットがすごく曲がっていて、特にドライバーは、林に入ったり、隣のホールまで行ってしまったり、どこに飛ぶのか(自分でも)わからない状態でした。それが今年、そうした状態が次第になくなって、飛距離も出るようになってからは、ゴルフがすごく楽しくなりました。

 また、もともとアプローチがあまり得意ではなかったのですが、(ショットが悪い時期に)ショートゲームの練習をこなして、"怪我の功名"というべきなのか、アプローチにも自信が持てるようになりました。今はグリーンを外しても、そんなに不安はありません。本当に今が(ゴルフをやっていて)一番楽しいかもしれないです」

――獲得賞金が2500万円を超えて(7月5日現在、2746万1332円)、賞金ランキングは41位。3年ぶりのシード復帰も見えてきました。

「正直、アース・モンダミンカップが終わるまでは、賞金シードのことはまったく意識していませんでした。目の前の試合にだけ集中していたら、結果がついてきて、賞金ランキングも徐々に上がっていきました。