2021.06.30

渋野日向子「ゴルフ人生においても変わってくる」。激動かつ充実していた4日間

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 今季海外メジャーの第1弾となるANAインスピレーションから米ツアーに参戦してきた渋野日向子が、この3カ月間の"武者修行"の集大成として、全米女子プロ選手権(6月24日~27日/ジョージア州)に出場。今季メジャー3戦目にして初の予選突破を果たし、通算1オーバー、40位タイでフィニッシュした。

「メジャー3試合目でやっと予選を通過できて、最後に自分らしいプレーができたと思うので、この1週間は自分でもかなりの手応えを得ています。

 この3カ月、悔しいことのほうがたくさんあったと思うんですけど、この1週間の自分を振り返ってみると、今までの悔しさが全部消えていくような感じというか、いろいろと溜まっていたものがここですべて吐き出されたかなという内容のゴルフができた。

 今週のようなゴルフができれば、次にアメリカに来る時にはもっと戦えるんじゃないかな、と思う。そのためにも、良かったところ、悪かったところをしっかりと復習して、次に向けてがんばりたいと思います」

3カ月の海外遠征を笑顔で締めくくった渋野日向子。photo by Kyodo News3カ月の海外遠征を笑顔で締めくくった渋野日向子。photo by Kyodo News この記事に関連する写真を見る  4日間のラウンドを終えて、そう語った渋野。最後は渋野らしい笑顔が弾けたが、初日は厳しいスタートとなった。1バーディー、5ボギーの「76」。4オーバー、93位タイと出遅れた。

「もうどうにもならなかったというか、ショットがすごく曲がって......。前半はちょっと曲がってしまう場面があるなという感じだったんですが、後半は風と仲良くなりすぎて曲がっていっちゃうというのが多かった。結果、フェアウェーキープも悪かったので、すべてにおいて残念だったという感じ。

(ショットは)朝の練習場ではめちゃくちゃよかった。めっちゃよく飛んでいるなって。でも、全米女子オープンの時より緊張していた。3カ月の(遠征の)最後だし、メジャー大会だし。あと、やっぱり(メジャーでは)予選落ちが続いていて、『予選を通りたい』っていう気持ちも強かったからこそ、だと思います。手が震えたりもした? あります。ティーショットからめっちゃ力むし、スイングも速くなっちゃうし......。