【木村和久連載】シーズン到来。コンペやクラブ競技を楽しむためには?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 そういうのは「卑怯だ」と思う方もいるかもしれませんが、入賞のチャンスが巡ってくるのは、初めてハンデをもらってから2~3年のうちに1回あるかどうか。1回入賞すれば、もちろんハンデは削られます。その後は当然、入賞しづらくなります。

 というわけで、クラブ競技参加に向けては、恥でも多いスコアカードを提出して、"実を取れ"ということです。

 競技参加者が約100人として、月例競技で優勝する確率は100分の1。年間12回月例があるとして、100人が平等に優勝するまで、約8年かかります。なかには、何回も優勝する人がいるので、一生に1回、月例で優勝できたら御の字です。

 競技開始3年以内がヤマです。そこでスタートダッシュを決められれば、末永く楽しい倶楽部ライフが待っていますよ。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る