2021.03.18

黄金vsプラチナvs新世紀。女子ゴルフの実力者たちは何が優れているのか?

  • 古屋雅章●構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

女子ツアー2021年
注目プレーヤー10名の「武器」(前編)

2021年の初戦となるダイキンオーキッドレディスから、日本女子ツアー2020-2021シーズンが再スタートを切った。コロナ禍にあって、無観客で開催されるトーナメントがまだまだ多いものの、今年は中止になる試合は少なく、これからほぼ毎週、精鋭集う女子プロたちの白熱した戦いが見られそうだ。そこで、今年注目の選手10名の「武器」「凄さ」について、森口祐子プロに解説してもらった――。


原英莉花(22歳)
はら・えりか/1999年2月15日生まれ。神奈川県出身。身長173㎝。血液型O。ツアー優勝3回。2020-2021シーズン賞金ランキング4位(獲得賞金7140万6208円)※3月17日現在、以下同

 ルックスやスタイルのよさで注目を集める原選手ですが、体育会系の明るさと礼儀正しさを備えた"真正アスリート"です。男女問わず、若い人からも人気を得ていますが、企業のトップの方々と話していても、彼女の放つ前向きさや爽やかさは好感を持って受け入れられていることがうかがえます。

 恵まれた体格と長い腕を生かしたしなやかなスイングで、ツアーでも屈指のロングヒッターです。その長い腕の肘から先の前腕部分で、インパクトからフォローにかけてヘッドを長く真っ直ぐに押しています。この巧みなフェースコントロールが、飛距離と安定性をもたらしているのです。

 国内メジャーを2つ獲った今、さらに上を目指すには、4日間を通した安定性と、フェアウェーキープ率を上げることが課題になると思います。あと、パットも。ハマればポンポンと入る力はあるのですが、彼女としては30パットを切るラウンドをもう少し多くしたいのではないでしょうか。