2021.03.18

百花繚乱の女子ツアーにあって、今年の飛躍が見込まれる若き精鋭たち

  • 古屋雅章●構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Getty Images

女子ツアー2021年
注目プレーヤー10名の「武器」(後編)

百花繚乱の女子ツアーは、若き逸材たちが続々と頭角を現している。なかでも、注目度の高い選手たちの「よさ」について、森口祐子プロに解説してもらった――。


西村優菜(20歳)
にしむら・ゆな/2000年8月4日生まれ。大阪府出身。身長150㎝。血液型O。ツアー優勝1回。2020-2021シーズン賞金ランキング7位(獲得賞金4881万6000円)※3月17日現在、以下同

 昨年の樋口久子 三菱電機レディスで優勝した時の西村選手は最終日、「全ホールでバーディーを狙っていかないと勝ち切れないと思ってやっていた」と言います。優勝争いの常連ならともかく、新人の彼女ならベスト3で満足しそうなところ。しかし、彼女はさらに上を目指して、全部バーディー狙いで攻め切った。それは、なかなかできないものです。

 その裏には、約1カ月半前の日本女子プロ選手権で、最終日に単独首位でスタートしたものの、守りに入って7位タイに終わった経験があったと言います。そして、次にチャンスを迎えた時は「攻める気持ちでプレーする」と心に決めていたそうです。実際にその時が来て、そのとおり実践できたことも立派だと思います。

 スイングはオーソドックスで、小柄な体ながらウエートシフトをうまく使って効率よく飛ばすことができています。アマチュア時代はナショナルチームのメンバーで、この年代の選手たちはコーチ陣から上質の指導を受けているので、安定した下半身に支えられた、ボールに対してパワーロスのない打ち方が身についています。

 さらに、彼女はパッティングが上手。そのため、平均バーディー数が2位という成績を残して、150㎝と小柄ながらツアーでも十分に戦えているのだと思います。