2021.03.18

【木村和久連載】全盛期をすぎた「オフピークゴルファー」について考える

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第297回

 東京メトロの混雑解消キャンペーンのCMをご存じですか?

 過去に一世を風靡した芸人が出演し、「ピークじゃないくらいがちょうどいい」と諭しています。

 CMに出演しているのは、ダンディ坂野、小島よしお、スギちゃんなど、今でも活躍している方々で、「全盛期はすごかったんだよ~」と言いつつ、充実度では「ピークをすぎた今が一番」という納得のさせ方をしています。

 これは、ラッシュのピーク時を外して通勤してはどうですか、と言いたいのです。

 この話をマクラにして、今度はゴルフのネタを振りましょう。

 私は全盛期をすぎたアマチュアゴルファーを「オフピークゴルファー」と命名しました。つまり、「腕前のピークをすぎた今が、ゴルフを達観して見られるから、いちばん楽しい」という考えです。

 アマチュアゴルファーの平均スコアは、常に右肩上がりで伸びるのではなく、浮き沈みがある場合が多いです。しかも、個人のラウンド回数による差が激しいので、一概に年齢で表わすのは難しいです。

 一般的には、アマチュアゴルファーの全盛期は50代。60代を迎えると、飛距離も落ちてきて退行期に向かうとされています。

 ただ、ゴルフは飛距離を競うゲームではないので、若者がティーショットでアドバンテージを取ったところで、上がってみると、オジさんに逆転されている――このどんでん返しが痛快と言えば、痛快なんですよね。

 そんなことも含めて、今回は「オフピークゴルファー」について考察していきたいと思います。まずは、先にも触れたこの話から。

(1)アマチュアのピークは?
 アマチュアゴルファーのピークは、先述したように基本的にはラウンド頻度によります。才能やセンスも大事ですが、コンペに出る程度のゴルフなら、手間暇かけた者のほうが上達します。