2021.02.25

【木村和久連載】倶楽部メンバーになる――あなたに合う入会方法とは?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第294回

 最近はゴルフ会員権がお値頃になり、我々庶民にも手が届くようになりました。

 ネット予約やひとり予約システムが普及したとはいえ、やはり倶楽部メンバーになるのは、また格別なものがあります。アマチュアゴルファーの憧れであり、自分の居場所としても使えて、ステイタスになる場合もありますからね。

 キャディーバッグにさりげなく倶楽部のタグをつけるのは、ちょっとした自慢です。クラブハウスにはいつも知り合いがいて、心が落ち着きます。

 最近、招待制でメンバーになれる音声SNSのアプリ『Clubhouse(クラブハウス)』が流行っていますよね。あれは、誰かに招待してもらって入れることがうれしいみたいです。気持ちはわからないでもないですが、『Clubhouse』はITリテラシーの高い人たちに譲りましょう。

 我々ゴルフ好きは、自ら申請して会員権を購入。ゴルフ場の"クラブハウス"に胸を張って入ることを目指してはいかがでしょうか。

 そんなわけで、正しいメンバーの入り方をお話ししましょう。というのも、自分としては過去2回、誰も知り合いがいないコースのメンバーになったことがあるからです。その話を含めて、いろんなパターンを記していきたいと思います。

●本来はメンバーの紹介が理想
 会員制倶楽部はゴルフに限らず、ライオンズクラブでも、テニスやヨットのクラブでも、通常最初はメンバーである友だちや先輩などに誘われて遊びに行くことが多いです。

 そこで、「ここはすごくいいところですね」と気に入ったとしましょう。そして、連れて来てもらったメンバーさんから、「あっそう。じゃあ入会すれば。僕が紹介状を書くから」となれば、見事入会への運びとなります。

 ゴルフ倶楽部の場合、入会要項には「メンバーの紹介状2つ必要」とか書いてありますしね。友だちに紹介状を書いてもらうのが一番手っ取り早いです。

 そうして、ひと月ほどが経ち、無事に倶楽部の審査を通過すれば、晴れてメンバーとなります。