2021.03.01

西村優菜はプロ入り後に苦しんでいた。「ゴルフ人生で初めてのこと」

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

女子ツアー注目の「プラチナ世代」に迫る(1)
西村優菜インタビュー(前編)

古江彩佳や安田祐香、吉田優利、そして西村優菜――。彼女たちに共通するのは、2000年度生まれの『ミレニアム(プラチナ)世代』であることだ。アマチュア時代の2019年にプロツアーで勝利を挙げ、プロ入り後も3勝を挙げた古江に続いて、西村もプロ1年目の昨年、樋口久子 三菱電機レディスでツアー初優勝を飾った――。

2020年の樋口久子 三菱電機レディスでツアー初優勝を飾った西村優菜2020年の樋口久子 三菱電機レディスでツアー初優勝を飾った西村優菜 ――昨秋の樋口久子 三菱電機レディス(10月30日~11月1日/埼玉県・武蔵丘GC)。最終日に6打差を逆転してのプロ初優勝は、改めて振り返ってみても劇的な勝利でした。

「まさかこんなにも早くプロで勝てるとは、正直、思っていなかったです。こういううれしさを、たくさん経験したいなと思いましたね」

――最終日に一緒に回ったのは、2歳上の『黄金世代』の勝みなみ選手と、申ジエ選手という強者でした。

「前半はいつもどおり、優勝を意識せずに回ることを意識していました。とにかく、最終日・最終組を『楽しもう』という一心でしたね。後半に入って、勝さんとの差が2打差になった時に、『強い気持ちで臨もう』と切り替わりました。

(最終日を単独首位で迎えた9月の)日本女子プロ選手権の時に、守りに入ってしまって、(スコアを4つ落として7位タイと)失敗してしまった。それで、次に優勝争いをする時は『攻めの気持ちでがんばろう』と誓っていたんです。後半はそれを思い出していました。

 勝さんとは初めて一緒に回るということで、すごくうれしかったですし、(首位スタートの勝と)あの雰囲気の中であのプレーができたのは、今でも信じられないんですけど、自信になりました」