2021.03.01

西村優菜「ゴルフをやめたい」。そこから「面白い」に変わった転機とは?

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

女子ツアー注目の「プラチナ世代」に迫る(2)
西村優菜インタビュー(後編)

女子ゴルフ界の新興勢力として注目の『ミレニアム(プラチナ)世代』。西村優菜はその中心選手のひとりである。今回は、彼女がプロゴルファーになろうと思ったきっかけから、プライベートな部分についての話も聞いた――。

2020年にツアー本格参戦を果たした西村優菜。写真はJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップでのもの。――5歳からゴルフを始めた西村優菜選手。7歳の時、サントリーレディス(兵庫県)を観戦した際に宮里藍さんからボールをもらって、それがプロを目指すきっかけになったというのは有名な話です。

「ものすごいギャラリーに囲まれた宮里藍さんが輝いていて、かっこよく見えたんです。その時に『自分もプロになりたい』と、父には言ったと思います。

 父もその気になって『プロを目指すからにはがんばらないといけないんだぞ』と、私に厳しく接するようになって......。父は学生時代にテニスと陸上をやっていて、大人になってからゴルフを始めた人なんですけど、その日以来、二人三脚でゴルフに取り組みました」

――ゴルフが嫌いになることはありませんでしたか。

「ありましたよ! 中学校に入った時ぐらいに、成績も出ず、父も厳しく......反抗期みたいになってしまって。『ゴルフをやめたい』と思ったんですけど、ちょうど同じぐらいのタイミングで中島敏雅プロの『ゴルフアカデミー中島』に入って、それまでにない知識が入ってくるようになって、ゴルフが面白くなりました」

――どういったところに面白さを見つけられたのでしょうか。

「自分との戦いだし、いろんなことを考えないといけない。日によって、コースによって、自分のコンディションによって、パターンが定まっていないところも、ゴルフの面白さでした」