2020.04.02

日本女子ツアーが7試合連続中止。
アン・シネなど韓国人選手たちの今

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界のスポーツ界が揺れている。

 国内ではプロ野球の開幕が先延ばしとなり、一度は開幕したJリーグも一時中断。そして、東京五輪の延期も決まった。

 ゴルフ界も同様だ。アメリカツアーに限らず、国内ツアーも開幕からトーナメントの中止が続いている。女子ツアーにおいては、開幕戦のダイキンオーキッドレディス(3月5日~8日/沖縄県)からスタジオアリス女子オープン(4月10日~12日/兵庫県)までの6試合、さらに先日、7戦目のKKT杯バンテリンレディスオープン(4月17日~19日/熊本県)の開催中止も発表された。

 現状を鑑みれば、ツアーが再開できるかどうかは、いまだ不透明な状況だ。それでも、選手たちは準備を怠ることなく、いつツアーが再開してもいいように態勢を整えている。

 そんななか、日本人選手と同様に苦心しているのが、日本女子ツアーを主戦場としている韓国人選手たちである。

 新型コロナウイルスの感染がアジア全域に広がり始めた頃、日本政府は国内の感染拡大を防ぐため、3月9日(午前0時)、中国と韓国からの入国を制限する一連の措置を発動。各々の国から入国した際は、入国後、検疫所が指定する場所で14日間の待機を求められることとなり、うかつに入国できなくなってしまったからだ。

 そのため、韓国人選手をマネジメントする方々から、「ツアー再開のメドが立っていない状態で、今後の対応をどうすればいいでしょうか?」と、私のところにまで相談の連絡があった。